コンタクト併用メガネ|メガネのオオツカ

メガネ情報

補聴器情報

HOME > メガネ > コンタクト併用メガネ

メガネのオオツカ/山形県高畠町

【コンタクトレンズ併用メガネ】

コンタクトレンズを使用して、帰宅後にメガネに変えるメガネをコンタクトレンズ併用メガネと言います。

コンタクトレンズ、長時間使用すると角膜に負担がかかります。

一生使う大切な目です。出来る限り角膜に負担を減らすには、メガネに切り替えることです。

コンタクトレンズ併用メガネとうまく使い分け、角膜をいたわりましょう。

コンタクトレンズ併用メガネの作り方について。

① ご来店の前にコンタクトレンズのデータ(空箱に記入)と使用中のメガネをご持参下さい

コンタクトレンズ併用メガネ処方の参考になります

② コンタクトレンズを装着の状態でご来店下さい

※メガネ検査でコンタクトレンズをはずしますので、コンタクトレンズケース等をご持参下さい

コンタクトレンズ脱着後すぐに使用するメガネです
メガネ検査も同じ条件で、コンタクトレンズ脱着後すぐの検査が望ましいです
また、コンタクトレンズ脱着直後に近点視力表で十分な視力が出ることが条件です


コンタクトレンズ装着の状態や眼疾患などがある場合は、後日の検査になります
例えば 目が充血している方
朝起きて、目やにが多い方
コンタクトレンズ脱着後、雲霧状に見える方
コンタクトレンズ脱着して時間経過とともに視力が変る方

③ メガネ処方について

今後もコンタクトレンズを使用して、帰宅後にメガネを使用したい方は
コンタクトレンズの視力より、メガネの視力は弱めに合わせます。その理由は
コンタクトレンズの場合は強め処方しても違和感がありませんが
メガネの場合は、レンズと目の間隔・レンズの収差等により違和感が出る場合もあります
違和感を少なくするためメガネ処方は弱めに調整します

コンタクトレンズをやめて今後メガネにしたい方は
個人差もありますが
コンタクトレンズを長年使用しますと角膜形状が変化している場合があります
コンタクトレンズ角膜形状が正常に戻るまで相当な時間が必要な場合があります
その場合は、最初に予備メガネを作ります。正常に戻られたら再検査をしてレンズ交換をお願いしてます

④メガネの選び方

近視マイナス3Dまで乱視2Dまでの方
違和感の少ないメガネを望む場合は、出来る限り小さめのメガネを選んでください

近視マイナス3D以上乱視2D以上の方
違和感が非常に強く感じられる方が多くなります
ウスカルメガネをおすすめします

ウスカルメガネとは

強度近視の方、小顔の方に開発されたメガネです
強度近視の方は、レンズの厚みが非常に気になります
また、強度になるとレンズ収差などで物がゆがんで見え違和感があります
ウスカルメガネは、レンズの厚み・違和感を解消します
強度近視の方には是非ウスカルメガネをおすすめします

ウスカルメガネに興味のある方は、クリックしてご覧下さい

強度近視 ウスカル会

社名/有限会社オオツカ
代表取締役/大塚和夫

お気軽に ご相談ください お待ちして おります。
より快適な視生活!より快適なメガネ作り! メガネのオオツカ/山形県高畠
〒992-0351
山形県高畠町高畠507-5
TEL.0238-52-0339
営業時間/am9:30~pm6:00
当面の間午後6時閉店
定休日/日曜日
E-mail info@opt-ohtsuka.jp
お問合せ・予約連絡は
☎080-1680-2303
『SMS・ショートメール』で
ご一報ください

【取扱いカード】
各種クレジット・マネーカード
QRコードによるお買物
取り扱いクレジットカード一覧

クレジットカード一覧